会社案内

  • 日商建設株式会社ホームページトップ
  • 注文住宅あんしんホーム
  • あんしんリフォーム
  • あんしん土地活用・賃貸
  • 創業者 大塚和弘の想い
  • 社長のひとりごと
  • スタッフブログ
  • 家族信託
  • 困った時のあんしん診断
  • ピッタリ土地情報・出前サービス
  • 小冊子プレゼント
  • 小江戸かわら版
  • 日商Hill軽井沢HOUSE
  • アクセスマップ

OB訪問

全社一斉OB訪問

 当社では、住宅を建てていただいたお客様との本当のお付き合いは、お引渡後に発生すると考えます。そこで、毎年12月に年末のご挨拶も兼ねて、これまでお引渡させていただいたお客様のお宅(約1800件)へ、全社員が手分けしてお伺いする「全社一斉OB訪問」を平成14年より10年以上に渡り実施させていただいております。

 それまで当社は定期点検として1年目・2年目・5年目・10年目と、節目節目でお客様のお宅へお伺いしておりましたが、点検の間の期間や10年を越えるとお客様から何かしらのご連絡を頂かない限り、なかなかお伺いする機会が無いのが現状でした。

 「お客様にあんしんを提供する」というミッションを改めて見直し始めたこの時期、建築に関してのご相談をいただいてからお引渡までの業務フロー等を整えていく中で気付いた事が、お引渡したお客様も引き続き「あんしん」を求められているのではないか?住まいに関して何か不安があった時、気軽に相談いただける様になる事がお客様の「あんしん」に繋がるのではないか?という思いでした。

 そこで、当社で建築いただいたお客様には、年に一度は必ずご挨拶に伺おうと始めたのが「全社一斉OB訪問」です。始めた当初は「今頃何しに来た!」「もう他に頼んでリフォームしちゃったよ。」とお叱りや、耳の痛いお言葉をお受けする事も確かに多くありました。しかしながら、こうした声を聞きながら感じた事は、全てのお客様は「できれば、建てた所に最後まで面倒を見て欲しい」と考えられているという事でした。

 一日で多くのお客様を廻るため、余りゆっくりお話しする事もできませんが、今では訪問したお客様から畑で取れた野菜をお土産に頂いたり、「寒い中ご苦労様」と暖かい飲み物を頂いたりする事もあり、そして何よりお住まいに関するちょっとした悩み等をご相談いただく機会として、お客様にも大変喜ばれております。OB訪問はお客様と当社を繋ぐ「あんしん」の一つの形として現在まで継続し、今後も続けてまいります。

このページの先頭へ